低用量ピルとモーニングアフターピルの違いについてですが、この2つのピルは毎日服用するか、避妊に失敗した時に服用するかの違いになります。ピルのことを詳しく知らないあ女性は是非ご覧ください。

  • ホーム
  • 生活のリズムに合わせて避妊薬を服用して生理を早める

生活のリズムに合わせて避妊薬を服用して生理を早める

生理周期がはっきりとわかっていたら、それに合わせて旅行などを計画できますが、周期が不定の場合、自分で生理予定日を把握することが困難です。
しかし、のような場合避妊薬であるピルを服用することによって、生理予定日を早めることができます。
もともと、なぜ生理周期が不定になるのかというと生理というのは受精しなかった場合に子宮内膜が剥がれて血液と一緒に体外へ排出されることを言います。
この生理が起きる周期も分かれていて、生理が来ることによってリセットされます。
これらの周期に関わってくる女性ホルモンの分泌量の増減が毎月一定かどうかで生理周期の規則性が決まってきます、ただ、生理周期を早めることはすぐにできることではないため、旅行などを計画している場合やどうしても生理がきては困るような日のために早急にしたい場合、ピルが効果的です。
使用方法としては生理周期が始まって5日目から市えりを避けたい日の2週間前までの大体2週間程度ピルを服用し続けます。
服用を中止したら数日後に生理がくるようになります。
ただ、きちんと継続して飲み続けないと予期せぬ生理が起きてしまう可能性もあるので、しっかりと飲むようにしてください。
飲み忘れを防止する方法としては、自分の生活リズムに合わせて一番ピルを服用するのに良い時間帯に飲むことです。
この方法のメリットは、確実に生理を早めることができることです。
ただ、薬を服用するので当然副作用のリスクは考慮しなくてはいけません。
もし、服用しようと考える場合はきちんと医師と相談した上で自分で納得した状態でしようとするようにしてください。
また、もう少し期間に余裕がある場合は、ツボ押しやマッサージ、生活習慣の改善などでも生理周期を早くすることは可能です。